今西学税理士事務所 大東市の税理士 新設法人や従業員10人以下の事業者を中心に

事務所経営理念
所長プロフィール
開業応援決算・申告パック
相続税試算サービス
顧問契約業務
料金表
事務所Q&A
顧問契約までの流れ
お問い合わせ
表紙へ戻る

今西学税理士事務所 リンクバナー


事務所Q&A

他の会計事務所とどう違うの? Q 今西学税理士事務所は他の会計事務所とどう違うの?

A 会計だけでなく、経営や財務なども気軽に話せる税理士事務所を目指しています。
またお客様にわかりやすく 会計・税務についてご説明させて頂くことをモットーにしております。

なお税理士事務所の中には、税理士が顧問先を担当せず、税理士資格を有しない所員が顧問先を担当することも多いようです。
その場合、担当者が数年で変わってしまったり、知識不足により納税者にとって有利となる的確な提案をしていない可能性があります。

幣事務所と顧問契約して頂ければ所長税理士である私本人が顧問先の担当をさせて頂きます。
経営のパートナーを目指すことをお約束していますので、私本人を気にいって契約して頂ければ、違う者が担当するリスクはありません。

また法人税・所得税はもちろん、税理士試験や実務で相続税も勉強して参りました。
よって非上場会社の株価計算や資産税にも強く、経営者の事業承継や資産譲渡などのご相談にも対応が可能です。

記帳代行もしてくれるの? Q 記帳代行もしてくれるの?

A はい。必要に応じて承ります。

事業者にて会計入力をされれば、迅速に経営状況を確認できるメリットがあります。
とは言うものの、従業員10人以下程度の事業者等は、会計処理の業務量もそれほど多くなく、そのためだけに専任の担当者として人を雇うことはコスト的に得策でない場合があると思います。

そのような場合は、記帳から税理士事務所に委託されるのも合理的と言えるでしょう。
当事務所ではそういうニーズにもお応えし、希望される事業者には記帳代行業務にも対応させて頂きます。ただし顧問料とは別料金となりますので、ご了承下さい。

契約書は交わすのか? Q 契約書は交わすのか?何年契約か?契約後の解除はいつでも出来るのか?

A 顧問契約して頂ける事業者の方とは、すべて契約書を交わす方針です。 契約期間は1年間で、両者とも異議のない場合は自動更新となります。

なお契約解除する場合には、双方 月末までに解約を申し出れば、その月で契約解除可能としております(契約の際に取り交わす契約書に明記いたします)。

Q 顧問契約による訪問の際には何をしてくれるの?

A 
  1. 自計化(事業者にて会計ソフトにデータ入力)されておられる顧問先では、まず会計処理でわからなかった点の確認をさせて頂きます。
  2. 入力された月の経理処理を、領収書や請求書にて確認させて頂きます。
  3. 誤っている処理の指摘、不明な処理の確認をさせて頂きます。
  4. 売上・仕入・経費の概算の状況を説明させていただき、また今後の見込み、対応策について検討致します。
  5. 決算が近い場合は、決算見込み 及び 納税見込みを後日報告させて頂きます。

法人の役員変更等の登記 Q 法人の役員変更等の登記もお願いすることは出来るのですか?

A 会社組織についての相談には積極的に応じさせて頂きます
ただし、登記業務については司法書士の業務となりますので、提携の司法書士をご紹介します。
なおその場合でも、幣事務所への紹介手数料の支払は必要ありません。

また、司法書士から紹介手数料を幣事務所が受け取ることもありませんので、お客様への司法書士からの請求に紹介手数料が上乗せされることはありません。

給与計算はお願いできますか? Q 給与計算はお願いできますか?

A はい。承ります。
ただし、顧問報酬とは別料金になっておりますので、出来れば給与ソフトを導入して頂き、お客様自身にて給与計算して頂けるようおすすめします。

なお、従業員10人超等人数が多い場合には、提携社会保険労務士をご紹介させて頂くことがありますので、ご了承下さい。
この場合も、幣事務所への紹介手数料の支払は必要ありませんし、お客様への社会保険労務士からの請求に紹介手数料が上乗せされることはありません。

財務諸表の見方を教えてくますか? Q 財務諸表の見方を教えてくますか?

A 試算表や決算書は、事業の現状を把握し、今後の経営に役立つための大切な資料とも言えます。

よって、試算表や決算書に関する説明は丁寧にさせて頂きますし、また会計等の不明点についても丁寧にご説明させて頂きます。

決算・申告だけをお願い出来ますか? Q 顧問契約せずに、決算・申告だけをお願いすることは出来ますか?

A 決算日時点で、開業3年以下の法人事業者については、
開業応援決算・申告パック」を設けましたので、ご利用下さい。

上記対象外の法人については、決算の際なるべく早めにお問い合わせ下さい。
申告期限までの日数と企業規模・経理状況等により対応できるか判断させて頂き、対応出来る場合には料金のお見積もりをさせて頂きます。

費用の支払方法は? Q 顧問料・決算料その他の業務報酬の支払方法は?

A 顧問料については、月末日を料金発生日とし翌月28日の自動引き落としをお願いしております。
決算料については申告書提出日、他の報酬については業務完了日を報酬発生の日として、当該発生日の属する月の翌月28日に自動引き落としをお願いしております。

なお、銀行振込をご希望されるお客さまについては、報酬発生日の属する月の翌月末日までに幣事務所指定の口座へお振り込み頂くこととしております。
その際の振込手数料についてはお客様にて負担をお願いしております。

対応している会計ソフトは? Q 対応している会計ソフトは?

A 当事務所では、弥生会計ソフトを使用しております。
これから会計ソフトを導入され、自計化される個人事業者の方には、「やよいの青色申告」、法人の方には「弥生会計スタンダード」をご購入頂くことになります。

現在、他の会計ソフトをご使用の事業者はそのソフトをご使用頂いても問題ありません。
ただし、月次試算表の作成は、訪問時に限定させて頂く場合もありますので、ご了承下さい。

→弥生会計(幣事務所紹介ページ)

税理士:今西学
税理士:今西学
2010年4月大阪府大東市にて開業

近畿税理士会門真支部
税理士登録番号112030

ファイナンシャルブランナー AFP ライセンス番号
40000705
→詳しいプロフィール


未来志向型税理士@今西学のブログ




お問い合わせはこちらから