今西学税理士事務所 大東市の税理士 新設法人や従業員10人以下の事業者を中心に

事務所経営理念
所長プロフィール
開業応援決算・申告パック
相続税試算サービス
顧問契約業務
料金表
事務所Q&A
顧問契約までの流れ
お問い合わせ
表紙へ戻る

今西学税理士事務所 リンクバナー


事務所経営理念

税金の話以外にも話せる戦略パートナーとしての税理士がほしい中小企業経営者・個人事業主へ

この度は、今西学税理士事務所のホームページにご訪問頂きありがとうございます。
以下、幣事務所の経営理念について述べさせて頂きます。

事務所経営理念

顧問税理士に求めるべきもの

法人事業者の方は、法人税の申告書を自力で作成するのが難しいことから、税理士と顧問契約される場合が多いと思います。

その場合、中小企業では毎月3〜5万円程度の顧問料を支払い、さらに申告時期に顧問料の4カ月〜6カ月分の決算料を支払うというのが一般的と言えるでしょう。

また個人事業者の方で、65万円の青色申告特別控除を受ける場合には、複式簿記による記帳が必要となることから、税理士と顧問契約され、法人契約による顧問料・決算料まではいかなくても、一定の税理士報酬を支払われておられる方もいらっしゃると思います。

ただ、税理士報酬を記帳書類のチェック・決算書 及び申告書作成のためだけに支払っておられるとしたら、その報酬金額は安くないものと感じておられるかもしれません。
そこで、せっかく税理士と顧問契約されるなら、経営や財務の相談も出来る経営の戦略パートナーとして税理士を活用して頂きたく思います。

税理士試験での学習では得られないこと

では税理士資格さえあれば、だれでも経営や財務のことがわかっているのでしょうか?
現状の税理士試験の試験科目は、会計・税務の知識のみに限定されており、
経営面の基礎知識を勉強する機会はありません。

また、税理士試験の受験科目に「財務諸表論」という会計の科目がありますが、
その内容は、決算書をつくるための制度会計の内容が中心です。
よって業績管理のための管理会計や財務分析などの知識は税理士が自分自身で勉強し、
身につけていかないといけません。

実務経験当初の私の考え

私も会計事務所で働き始めたときは、会計事務所は会計・税務の仕事をするものであると考えておりました。
よって期中は日々の会計記帳の確認を行い、決算期日がくれば申告期限までに決算書・申告書を作成するのが会計事務所の業務だと考えていました。

しかし、赤字の会社に訪問に行く度に、「この会社の事業を軌道にのせるために何かサポートをすることは出来ないのか」と漠然と考えるようになりました。
ただ、当時の私は、税務のことしか勉強していなかったので、財務分析や経営についての知識を有せず、うまくサポートすることが出来ませんでした
事務所経営理念

税務以外にも相談出来る税理士として

そのような経験を重ねていくうち次第に、税理士は、制度会計・税務の知識だけでなく、
財務分析をしたり経営についてのアドバイスも出来るようにならねばという強い気持ちが芽生えてきました。

つまり税理士は中小企業経営者の経営パートナーにならなくてはいけないという思いです。
そういった思いを形にしようと、会社の安全性・収益性・効率性をみる財務分析の学習をし、
決算書分析などの力を身につけてきました。

また、経営戦略やマーケティングの学習も行ってきました。
自分自身も、2010年の春、顧問先ゼロから「今西学税理士事務所」を立ち上げ、
経営者となったことから、自分の事務所経営について日々真剣に考え続けております。

経営の戦略パートナーとして

  • 税務や会計はもちろん、経営や財務のことも話せる戦略パートナーとしての
    税理士と付き合いたいと考える個人事業主・経営者の方
  • 何でも相談でき、かつ真摯に対応してくれる税理士がほしいと思われる個人事業主・経営者の方

ぜひ私をご活用いただけければと思います。
思いやりをもった気持ちと幅広い知識で、経営者を全面的にサポートさせて頂きます。

特に開業間もない事業者従業員10人以下の事業者で、今後事業を発展させていきたいと
考えられておられる方、精一杯支援させて頂きますので、ご連絡お待ちしています。
今後一緒に成長していきましょう。

事務所経営理念

今西学税理士事務所と顧客とのお約束

  1. 思いやりのある税理士として誠実にお客様と対応致します
  2. 必要な節税等の提案を積極的に行います。
  3. 経営・財務についても一緒に考えていきます
  4. 税理士である私が担当させて頂きます
  5. お客様が理解できるまで、わかりやすく説明させて頂きます

厳しい経済環境の中でも生き残りましょう

今後、短期的に日本の経済環境が大きく好転することは残念ながら期待出来ないかもしれません。
そのような中でも、大企業や官公庁に勤める方は、安定して生きていけるでしょう。
ただ中小企業者や個人事業者の方は、そうではありません。

厳しい外部環境の中で事業を継続していくには、試行錯誤しながら生き残っていく力を
身につけていく必要があります。
その生き残っていく力を身につけるためのサポートを私にさせていただきたいと思います。

税理士:今西学
税理士:今西学
2010年4月大阪府大東市にて開業

近畿税理士会門真支部
税理士登録番号112030

ファイナンシャルブランナー AFP ライセンス番号
40000705
→詳しいプロフィール


未来志向型税理士@今西学のブログ




お問い合わせはこちらから